海外旅行のご相談はお任せください

新着情報

フィンランドの教育制度について

どうも、TCIJAPANです。

昨今、日本ではフィンランドの教育が注目を浴びており、インターネットで「フィンランド 教育」と検索してみると山のように様々なサイトの情報が表示される事態となっております。そこで簡単に以下にフィンランドの教育の特徴をまとめてみました。

 

義務教育期間:日本と同じ6・3・3 制(7歳から小学校に入学)

カリキュラム:小中一貫型の9年間(同一型や独立型など学校の形態は様々)

学校の種類:一部を除き、小学校から大学まで全てが公立校(学費は無料)

学期:2学期制(年間の授業日数は190日、OECDの加盟国の中では最少)

教師:大学院卒

教育内容:学校や教員個人に委ねられている。教科書も教員個人に採択権があり、教員の自律的教育権が重視されている。 

 

以上、フィンランドにご視察に行かれる際にご参考頂ければ幸いです。

 

スウェーデン/イエテボリ 海外視察

TCIJAPANです。

スウェーデンの西にある、イエテボリという街に弊社の海外視察ツアーで行って参りました。現地の歯科大学で行われる予防歯科のセミナーを受講するために、日本各地から総勢15名の歯科医の方々がお集まりになられました。参加者の先生に伺ったところ、スウェーデン/イエテボリは歯科界では「予防歯科」のメッカとして知られており、今回はイエテボリ大学に在籍している伝説的な教授の講義が受けられるということで、参加を決めた先生方が数多くいらっしゃいました。スウェーデンでは「PPM」というフッ素分が高い歯磨き粉がスーパーで一般に売られております。最近まで、日本では1000ppmという数値しか販売出来なかったそうですが、スウェーデンでは30年以上前から1500ppmの歯磨き粉が売られていたそうです。その他にもこのような歯科予防に関するスウェーデンの先進的な事例のお話を聞けることが出来て、個人的にも非常に勉強になる視察でした。